くじら座タウ星府立大学SF研究会

主に読書(SF中心)について書きます。最近の読書感想は「漫才風読書感想」をやってます。

高屋奈月『フルーツバスケット(1)』

フルーツバスケット (1) (花とゆめCOMICS)作者: 高屋奈月出版社/メーカー: 白泉社発売日: 1999/01/01メディア: コミック購入: 1人 クリック: 101回この商品を含むブログ (103件) を見るフルバ!借りた!初読み!昔のアニメも未見だけど、岡崎律子さんの「For…

ROHGUN神野淳一『機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス(2)』

機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス2 (電撃コミックスNEXT)作者: ROHGUN,神野淳一,矢立肇・富野由悠季出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/02/26メディア: コミックこの商品を含むブログを見るΖΖ直後。ネオジオンの残党が連邦のダモクレス基地を占拠して…

オフでメイス

羽倉崎のブックオフにて。 ROHGUN神野淳一『機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス2 (電撃コミックスNEXT)』 ガンダム漫画、ゲッター!Ζガンダムの外伝。裏表紙のリゲルグがカッコイイ!!

オフで恐喝者

熊取町のブックオフにて。 カーター・ディクスン『殺人者と恐喝者 (創元推理文庫)』 カーター・ディクスン『殺人者と恐喝者』百円ゲッター!カーター・ディクスン(ディクスン・カー)は、『火刑法廷』だけしか読んでないけど、巻末解説が麻耶雄嵩先生だから買…

有栖川有栖『ダリの繭』

ダリの繭 (角川文庫)作者: 有栖川有栖出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 1993/12/31メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 19回この商品を含むブログ (28件) を見る あらすじ 幻想を愛し、奇行で知られたシュール、リアリズムの巨人―サルバドール・ダリ。宝飾デ…

カメントツ『こぐまのケーキ屋さん そのさん』

こぐまのケーキ屋さん そのさん (ゲッサン少年サンデーコミックス)作者: カメントツ出版社/メーカー: 小学館発売日: 2018/12/18メディア: コミックこの商品を含むブログ (2件) を見る第3巻!今回もほのぼのと癒やされたわ!ってか、帯に書いてるけど、シリー…

川岸殴魚『人生』

人生 (ガガガ文庫)作者: 川岸殴魚,ななせめるち出版社/メーカー: 小学館発売日: 2012/01/18メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 148回この商品を含むブログ (46件) を見る あらすじ あなたの悩み、募集中!!九文学園第二新聞部に所属する赤松勇樹は、入部早…

イアン・ワトスン『スロー・バード』

スロー・バード (ハヤカワ文庫SF)作者: イアン・ワトスン,Ian Watson,佐藤高子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1990/04メディア: 文庫この商品を含むブログ (7件) を見る あらすじ 垂直につづく岩壁世界の住人の暮らしぶりは?地球上のあらゆる距離が増大…

オフで英国

熊取町のブックオフにて。 有栖川有栖『英国庭園の謎 (講談社文庫)』 有栖川有栖『妃(きさき)は船を沈める (光文社文庫)』 初売りセールの時にもらった一割引きの金券があったから使ってきた!有栖川先生の《作家アリスと火村英生》シリーズの二冊。『英国庭…

オフで概念

羽倉崎のブックオフにて。 赤城大空『下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (ガガガ文庫)』 鴨志田一『さくら荘のペットな彼女 (電撃文庫)』 初売りセールの時にもらった一割引きの金券を使ってきた!どちらもアニメ化した作品。『下セカ』は見たけど、『…

東雲で都市

岸和田・蛸地蔵駅近くの古本屋・東雲舎にて。 ウィリアム・アイリッシュ『暁の死線 (創元推理文庫 120-2)』 クリフォード・D・シマック『都市 (ハヤカワ文庫 SF 205)』 アイリッシュ『暁の死線』100円ゲッター!店主さんも昔アイリッシュは読まれてたそうで…

麻耶雄嵩『メルカトルと美袋のための殺人』

メルカトルと美袋のための殺人 (講談社文庫)作者: 麻耶雄嵩出版社/メーカー: 講談社発売日: 2000/08メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 14回この商品を含むブログ (36件) を見る あらすじ ウラジオストクからモスクワへ向かうシベリア急行。その車内で作家・…

『DOUBLE DECKER!ダグ&キリル』全13話

(感想鋭意制作中)

ROHGUN神野淳一『機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス(1)』

機動戦士Zガンダム外伝 審判のメイス1 (電撃コミックスNEXT)作者: ROHGUN,神野淳一,矢立肇・富野由悠季出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/07/27メディア: コミックこの商品を含むブログを見る『機動戦士Ζガンダム』のスピンオフ『ADVANCE OF Ζ 刻に抗い…

オフで占星術

熊取町のブックオフにて。 アイザック・アシモフ『黒後家蜘蛛の会 1 (創元推理文庫 167-1)』 島田荘司『占星術殺人事件 (講談社文庫)』 島田荘司『御手洗潔のダンス (講談社文庫)』 円居挽『逆転裁判 時間旅行者の逆転 (ハヤカワ文庫JA)』 ブックオフのウル…

『色づく世界の明日から』全13話

少しの魔法があるだけで、あとは現実と変わらない高校生たちの青春。お祖母ちゃんの青春時代に飛ばされた主人公の出会いと別れが丁寧に描写されていたので、ラストの未来に帰った後のシーンでは泣きそうになったわ。やっぱりオリジナル作品は見甲斐があるね!

『シティーハンター'95 ザ・シークレット・サービス 』

(感想鋭意制作中)

オフで年~オフで謎

ブックオフの初売りウルトラセールに行ってきました!店内全品二割引ということで買いすぎましたw まずは羽倉崎店にて。 ダニエル・フリードマン『もう年はとれない (創元推理文庫)』 お次は熊取店にて。 エミリー・ブライトウェル『家政婦は名探偵 (創元推…

あきましておめでとう!

あきましておめでとう!(CV:米澤穂信先生) 今年もよろしくお願いいたします。今年も楽しい事だけをしていきたいです!! 写真は、注文していたおせちです!!家では作れないような凝った料理が、種類食べられて、かなり満足!アワビとか久々に食べたよ~w

今年の目標

毎年恒例の今年の読書の目標を宣言しておきます! SFももちろん読むがミステリを重視していく。 ネット上に感想が少ない作品を読んで記録を残す。 「漫才風読書感想」を溜めない。 これでどうじゃー!漫才風読書感想を溜めてるのは、よくない!積極的に創作…

さよなら2018年回顧・対話篇

亮人::2018年も一年間、お世話になりましたー!こんなネットの片隅ブログに来てくださった皆様、ありがとうございました!! 使い魔・ゲンキ君:: そうだガル!こんな僻地のようなブログに来てくれるだけで有難いんだガル。 亮人::まあ今年は大変な一年…

さよなら2018年回顧・小説篇

毎年恒例、年の終わりの振り返り。小説からランキング。 読んだ本の数:32冊 読んだページ数:9638ページ 購入書籍数:+133冊 積読消化数:-26冊 第1位『見上げてごらん』ロバート・J・ソウヤー 第2位『改変歴史SFアンソロジー』坂永雄一・曽根卓・伴名練・…

さよなら2018年回顧・アニメ篇

毎年恒例、年の終わりの振り返り。まずは視聴完了リストから。 1月~3月 『ゆるキャン△』『citrus』『ドラゴンボール超』『からかい上手の高木さん』『りゅうおうのおしごと』『三ツ星カラーズ』『宇宙よりも遠い場所』『スロウスタート』『恋は雨上がりのよ…

キデイ~ジュンク~ベルヴィル~葉ねで不思議な生活~ジグソーで魂~らんぷ亭~サンマルク

本屋デイトしてきたぜい! ということで阪急梅田駅に朝10時に集合。20分前には着く予定だったんだけど、なんだかんだでギリギリ遅刻のタイミングになってしまった。なぜ?阪急梅田駅は2階と3階に2つ改札口があるのが悪い! ということで阪急三番街のキデイラ…

『ゴブリンスレイヤー』全12話

ゴブリンによる残虐描写が、放映前には話題になってたけど、いざアニメを見てみると真っ当なファンタジイ作品。ゴブリンだけを狩る冒険者という特異な設定も、さもありなんと納得させる理由付けがあり、面白い。それにしても、ゴブリンスレイヤーさん、大物…

『INGRESS THE ANIMATION』全11話

スマホ向け位置情報ゲーム・Ingressが、まさかのアニメ化。どんな内容になるのかと思ってたけど、なかなかにシッカリとしたSFで良かった!最後の人類補完計画的な大ネタは伊藤計劃っぽくもあって、正統なる日本SFの系譜だと思う。あとヒロインの上田麗奈の演…

『やがて君になる』全13話

百合アニメ!これって「百合姫」作品かと思ってたら、「電撃大王」に連載されてたのね。百合が浸透と拡散の時期に来ているようだね。よい。揺れ動く複雑な二人の気持ちがしっかり描かれていて、これぞ百合作品やね!話は一応の区切りがついたけど、まだ続き…

『青春ブタ野郎は バニーガール先輩の夢を見ない 』全13話

『さくら荘のペットな彼女』や『Just Because!』やの鴨志田一が原作のラノベ。面白かった!学園生活で、タイムリープやドッペルゲンガーなど軽いSF的な事件を解決していく。大抵は事件は心の問題から来ていて、思春期特有の悩みで、共感もできるし。絶対にこ…

『宇宙戦艦ティラミスII』全13話

10分アニメ。分割2クールの2期目。面白かった!ギャグが本当にくだらなくて、よくこんなグダグダギャグ思いつけるなーと感心。素直に大笑いした。ラスボスが池田秀一だったことも面白かった。池田さんにこんなショーモナイ台詞ばっかり言わせてからにw ほん…

『うちのメイドがウザすぎる!』全12話

ロシア人美少女・ミーシャを愛でたい元女性自衛官メイド・つばめ。このハッチャケぶりが面白い!ってか美少女を追いかけるのが、女性メイドだからいいものの、この変態行為を男がしてたらかなりヤバイぞw そして最終回のミーシャの亡き母への思いが爆発する…