くじら座ソーダ通信

主に読書(SFとミステリ)やアニメについて書きます。最近の読書感想は「漫才風読書感想」をやってます。カテゴリーから「漫才風読書感想」を選んで読んでみてください!

前野ひろみち『満月と近鉄』

あらすじ
小説家を志して実家を飛び出し生駒山麓のアパートに籠もっていた私は、宝山寺の小道で謎めいた女性に出会う。万巻の書物に囲まれて暮らす佐伯さんは、厳しい読み手でもあった。私は彼女に認められたい一心で小説を書き続ける(「満月と近鉄」)。奈良を舞台に繰り広げられるロマンと奇想に満ちた4篇。本作を発表ののち沈黙を守る鬼才、唯一の著作。森見登美彦との対談を追加収録。

うぉぉ〜!なんやこれ!最高や!すごすぎる!面白すぎる!奈良に関する多彩な4篇がどれもホンマおもろい話すぎて!これは今年のナンバーワンやわ!
まず単行本のとき表題作やった「ランボー怒りの改新」が凄い!蘇我氏によってベトナム戦争に派兵され、ベトコンの拷問を逃げ延び、飛鳥に帰還したランボーが、大化の改新に参加する!?どういう発想やねん!蘇我入鹿ランボーにロケットランチャーぶっ放したり、なんやねん!発想力が凄すぎる!
かと思ったら、春日大社でのアホな中学生たちと不思議な少女との初恋があったり、奈良で千一夜物語なナラビアンナイトがあったり。奈良の地名がいちいち出てくるのも楽しいやん!春日大社や餅飯殿センター街とか生駒山上遊園地とか。
そしてラストの表題作。作者自身の小説家の夢を追った10代をファンタジックに切なく描く。この寂寥感たるや!多彩すぎる!巻末解説も数奇なデビュー秘話で、それ自体が綺譚。本業が畳屋の謎の作家で一冊しか本を出す気がないみたいやけど、ぜひもっと作品が見たいやん!ナンバーワンの奇想やもん!
f:id:akito0526:20210615102210j:plain

L・スプレイグ・ディキャンプ(訳:田中哲弥)『悪魔の国からこっちに丁稚(下)』

あらすじ
このままでは地下都市イールに住む人人は全員、人喰い人種パールア人の軍勢に喰い散らかされてしまう。ソリンブリアに救援を求めるべくズドムは北へ向かって出発した。急がねばならぬと焦りつつ食っちゃ寝食っちゃ寝をくりかえす。方言のきつい盗賊、プロレスラーで頭がアホな大統領、巨根の神を奉る穴居人、野蛮だが親切な遊牧民など次から次へと出現する奇妙な連中の数々。立ちふさがる幾多の困難を乗り越え、悪魔の丁稚ズドムはイールを救うことができるのか。無事丁稚奉公を終えることができるのか。戦争に突入するギャグファンタジー完結編。

ディ・キャンプのファンタジー小説田中哲弥超訳。分からない所は飛ばしたり想像で訳したらしく、もうメチャクチャ!地の文でキャラクタの台詞にツッコミ入れたり。こんなブッ飛んだ本が電撃文庫から出てたなんて!ストーリーは、人間界(といってもファンタジーの世界観の人間界)に召喚された悪魔が丁稚奉公として働く話。この丁稚というワードチョイスからして!悪魔のズドムは、悪魔といっても自称インテリで、純粋柔順マジメだけどドジ。そのズドムが大変な戦争に巻き込まれるドタバタ。なんという発想力!
f:id:akito0526:20210715015626j:plain

劇場版『Gのレコンギスタ I  行け!コア・ファイター』

YouTubeガンダムチャンネルであった劇場版『Gのレコンギスタ I  行け!コア・ファイター』みたー!面白かった!TV版より格段に分かりやすくなってる!この複雑な勢力図を描き切るのが富野監督よなあ!戦闘も台詞回しもカッコイイし!さすが富野監督!今日の夜までは無料アーカイブ残るのでもう一回見ようかな!

ネットでspica

ネットオフにて。

泉和良『spica』!『エレGY』に続く、ダメな恋愛物な話なのかな?『エレGY』がメッチャ刺さったので、こちらも楽しみだ!そして表紙の、今をときめく横槍メンゴ先生のイラストがカワイイ!
北原尚彦『首吊少女亭』!ヴィクトリア時代のネタをふんだんに取り込んだホラーなんだな!面白そう!
仁木稔《HISTORIA》シリーズの『グアルディア』『ラ・イストリア』!荒廃した未来の南米で愛憎と退廃の物語が進んでいくストーリーなのか!他にはない舞台のSFで、読むのが楽しみだ!
ナンシー・クレス『ベガーズ・イン・スペイン』と《プロバビリティ三部作》の第1巻『ムーン』第3巻『スペース』!『ベガーズ』は短編集で評価が高かったし欲しかった!《プロバビリティ》は第2巻の『サン』だけなかったので、また探さねば!
バリントン・J・ベイリー永劫回帰』!ベイリーはフェイバリット作家!ワイドスクリーン・バロックが今キテるからね!
A・G・リドル『タイタン・プロジェクト』!リドルは《アトランティスジーン》三部作が気になってるけど、まずは単発の時間SFのコレで!

f:id:akito0526:20210710215558j:plainf:id:akito0526:20210710215600j:plainf:id:akito0526:20210710215603j:plainf:id:akito0526:20210710215607j:plainf:id:akito0526:20210710215611j:plainf:id:akito0526:20210710215616j:plainf:id:akito0526:20210710215619j:plainf:id:akito0526:20210710215632j:plainf:id:akito0526:20210710215635j:plain

L・スプレイグ・ディ・キャンプ(訳:田中哲弥)『悪魔の国からこっちに丁稚(上)』

あらすじ
とにかく、細かいことはさておき悪魔が丁稚に来るのである。ドラゴンとナマズを足したような姿をしたズドムはニンの国に住む悪魔だが、ある日突然人間世界で丁稚奉公してこいと命じられる。見ためはすごいズドムだが、実はインテリで、素直な性格の持ち主である。魔法使いマルヂビスに、留守中入ってくる者は誰であっても喰い殺せといわれれば、そのとおり実行する。たとえそれがマルヂビスのたった一人の弟子であっても。間抜けな悪魔ズドムが引き起こす冒険ドタバタファンタジー田中哲弥がのびのび楽しく訳した結果こんなになってしまいました。いいのかこれで本当に。

ディ・キャンプのファンタジー小説田中哲弥が自由に翻訳した、いわゆる超訳というやつ。地の文で、キャラクタの会話にツッコミしたり、思いっきり日本の話での例えがはじまったり、自由すぎる。これ、どこまでが原書にある描写なんだ?よくこんな本が電撃文庫から出たもんだ!ということで下巻に急ぎます。
f:id:akito0526:20210715015626j:plain