くじら座タウ星府立大学SF研究会

主に読書(SF中心)について書きます。最近の読書感想は「漫才風読書感想」をやってます。

高屋奈月『フルーツバスケット(10)』『(11)』『(12)』

フルーツバスケット (10) (花とゆめCOMICS)

フルーツバスケット (10) (花とゆめCOMICS)

フルーツバスケット (11) (花とゆめCOMICS)

フルーツバスケット (11) (花とゆめCOMICS)

フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)

フルーツバスケット (12) (花とゆめCOMICS)

借りていた3冊を一気読み!
10巻。
夏休みの避暑に草摩の別荘へ。楽しい時間。しかし、親がいないことに対して色々思いを抱えている人がいっぱいいて、気を使い合う。とくに透は、本当に気を使って、細かな心遣いが出来る子だ。
そして由希らが別荘にいる間に、担任の繭子とはとりの話。はとりと佳菜の悲恋の過去、佳菜の親友だけどはとりを想う繭子、繭子の元カレだけど繭子とはとりを誘う紫呉。複雑な大人の関係だ。
そして別荘では楽しい時間に水を差す、当主・慊人の登場。これは次の巻で波乱か。
11巻。
慊人が、別荘で遊ぶ由希たちメンバーを次々に呼びつける。反抗できない、皆。由希、潑春、夾、次々と呼びつけられて、心をえぐることを発言。本当にこいつは何なんだ?しかし透は、健気に待ち続ける。本当にメンバーの癒しの存在だ。呼びつけられた中で特に酷かったのが、夾。猫憑きに幸せな未来はないと慊人の言葉。本当に嫌な奴。しかし透に救われる夾。本当に透たちメンバーには幸せな時間を過ごしてほしい。最後は花火をして、別荘終了。
12巻。
新学期。まずは新生徒会。由希との馴れ馴れしい絡みは謎だが、楽しい時間にはなりそうだね!由希が新しいことをするのは良い!
透が夾の師匠に会いに行く。前巻で慊人に、夾は卒業後には幽閉される運命だという話を聞き、呪いを解く方法はないかと尋ねる。巨大な運命に立ち向かうことになりそうだけど、ここが大きなポイントだよね。がんばる透、すごい強い気持ちだ。
楽羅と夾とのデート。楽羅が夾を好きだと言い張る理由がヘビーなものだったとは。物の怪の姿を見て逃げた自分を拭い去りたいがために、好きの気持ちを出してた。本当に好きなのか、醜い下心から好きと言っていたのか、複雑な気持ちだな。
依鈴と潑春と由希。潑春を守る元カノの依鈴。由希を密かに支援する潑春。複雑な関係だ。依鈴は今後のキーパーソンになってきそうだ。
最後は三者面談。透は紫呉が親代わりに出る。担任の繭子とは知った仲だから、ダイヤモンドダストな空気。このコメディタッチは笑う!夾は師匠と。夾の未来は自分で考えてほしいのね。そうだよね。運命に諦めてほしくない。そして師匠にヒトメボレする花島さんは笑う!だいぶ年上やん!時々に入るコメディタッチが息抜きになってええわ〜。
ということで続きはまた借りたときに読みます!

はねうたゆみこ『わんことわざ』&えりちゃん『まーさんとまーくん』

カノジョさんから貸してもらった冊子本。
『わんことわざ』は、イラストレーターのはねうたゆみこさんによる、ワンコあるある創作ことわざに可愛いイラストが付いた本。このワンコあるある創作ことわざが、本当にあるあるで、しかも既存のことわざを上手く変化させていたりで、すごい絶妙に納得!ワンコと生活している人なら全員うなずきまくり!イラストも暖かい感じでカワイイし!これは楽しい!
そして別冊付録の『まーさんとまーくん』は、ある日おうちに来たワンコについてのレポート風漫画。しかも面白い趣向として、一部が袋とじになっていて、袋とじを切らずに読んで切って読んで二種類の話が楽しめる。切らずに読むとまーさん視点の話が読めて、切って読むと飼い主人間側の話が読める。泡坂妻夫も袋とじ小説があったけど、同じくらい楽しい趣向。ワンコ側と人間側、どちらも色々な思いを持ってるんだよな。いいお話!
f:id:akito0526:20191114220831j:plain

酒井田寛太郎『ジャナ研の憂鬱な事件簿』

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)

あらすじ
新鋭作家が織りなす日常系ミステリー!海新高校2年生の工藤啓介は、他人との接触をできるだけ断つために、部員が啓介一人しかいないジャーナリズム研究会に属している。中学時代からの親友である大地と良太郎とだけと親交を保ち、余計なトラブルに巻き込まれないように平穏な学園生活を送ろうとしているのだ。ある日、学内でも評判の美人の先輩白鳥真冬と関わり合ってしまったことによって、少しずつ学内の事件やトラブルに巻き込まれていくことになっていく。高校生活の中で起きるちょっとした事件を次々と解決していくことになっていく啓介。真冬もまた、その完璧さ故に学内でも疎外感を感じていたのだが、啓介たちと触れあうことで少しずつ本来の自分を取り戻していく……。第11回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞のフレッシュな日常系ミステリーを、人気イラストレーターの白身魚が鮮やかなイラストで彩ります!

(感想鋭意制作中)
f:id:akito0526:20190930214408j:plain

奈良ホテル~正倉院展~オフで花

奈良国立博物館で行われている正倉院展に行ってきました!
まずは近鉄で奈良について、商店街を散策。東向き商店街から高速餅つきで有名な中谷堂へ行って、そこから餅飯殿商店街へ。途中の古本屋をのぞいたり、母親は古着の着物を買ったりしてた。
そして奈良ホテルへ。なんでもアインシュタインも泊ったことがあるという、由緒あるホテル。そこでランチ!奈良ホテルの中の和食の「花菊」。お重の紅葉狩り弁当。めっちゃ美味しかった!!特に、焼き物の味噌の海鮮焼きが最高だった。これは酒が何杯もいけるw 親の誕生日ということで、特別に色々つけてくれてたし!嬉しいね!
そして正倉院展。平日だったので、20分待ちくらいで中に入れた。これが休日だったら数時間は待つことになってたやろうな。館内も混雑してたけど、天平の宝物に感動!1300年前のものがこんなにキレイに残ってるなんてね!今年のメイン展示だった、天皇の祭事用革靴とラピスラズリのベルトがカッコよかった!
そのあとは、昔ながらの街並みの「ならまち」へ。休憩に食べた大和茶パフェがメッチャ美味しかった!メインは黒米カレーの「PAOならまち店」。やっぱりお茶の味、大好きだわ!心残りは、ならまちの古本屋でブルース・スターリングの本を見つけたんだけど、ちょっと背が焼けてたので購入回避したものの、あとになってやっぱり買っておけばよかったと後悔してることw 後悔先に立たず。
そしてお土産に特大三笠などを買いつつ、帰宅。
帰りに難波で、まんだらけブックオフだけは寄り道したけど。

ブックオフなんば戎橋店にて。ってかこれくらいしかロクなものが置いてなかった。。。
ということでメチャクチャ楽しい一日でした!奈良っていい街だし、メッチャ好きだわ!

f:id:akito0526:20191115151549j:plainf:id:akito0526:20191115151552j:plainf:id:akito0526:20191115151555j:plainf:id:akito0526:20191115151612j:plainf:id:akito0526:20191115151604j:plainf:id:akito0526:20191115151616j:plainf:id:akito0526:20191115151639j:plainf:id:akito0526:20191115151626j:plainf:id:akito0526:20191115151630j:plainf:id:akito0526:20191115151633j:plainf:id:akito0526:20191115151646j:plainf:id:akito0526:20191115151650j:plainf:id:akito0526:20191115151655j:plain
f:id:akito0526:20191115151707j:plainf:id:akito0526:20191115151711j:plainf:id:akito0526:20191115151715j:plainf:id:akito0526:20191115151724j:plainf:id:akito0526:20191115151720j:plain

丸戸史明『冴えない彼女の育てかた(1)』

冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)

冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)

あらすじ
これは俺、安芸倫也が、ひとりの目立たない少女をヒロインにふさわしいキャラとしてプロデュースしつつ、彼女をモデルにしたギャルゲームを製作するまでを描く感動の物がた…「は?なんの取り柄もないくせにいきなりゲーム作ろうとか世間なめてんの?」「俺にはこのたぎる情熱がある!…あ、握り潰すな!せっかく一晩かけて書き上げた企画書なのに」「表紙しかない企画書書くのにどうして一晩かかるのよ」「11時間寝れば必然的に残った時間はわずかに決まってんだろ」「もうどこから突っ込めばいいのよ…このっ、このぉっ!」…ってことで、メインヒロイン育成コメディはじまります。

(感想鋭意制作中)

アイザック・アシモフ『鋼鉄都市』

鋼鉄都市 (ハヤカワ文庫 SF 336)

鋼鉄都市 (ハヤカワ文庫 SF 336)

(感想鋭意制作中)

伴名練『なめらかな世界と、その敵』

なめらかな世界と、その敵

なめらかな世界と、その敵

あらすじ
いくつもの並行世界を行き来する少女たちの1度きりの青春を描いた表題作のほか、脳科学を題材として伊藤計劃『ハーモニー』にトリビュートを捧げる「美亜羽へ贈る拳銃」、ソ連アメリカの超高度人工知能がせめぎあう改変歴史ドラマ「シンギュラリティ・ソヴィエト」、未曾有の災害に巻き込まれた新幹線の乗客たちをめぐる書き下ろし「ひかりより速く、ゆるやかに」など、卓抜した筆致と想像力で綴られる全6篇。SFへの限りない憧憬が生んだ奇跡の才能、初の傑作集が満を持して登場 。

(感想鋭意制作中)

収録作品

  • なめらかな世界と、その敵
  • ゼロ年代の臨界点
  • 美亜羽へ贈る拳銃
  • ホーリーアイアンメイデン
  • シンギュラリティ・ソヴィエト
  • ひかりより速く、ゆるやかに

オフで育てかた~オフで夜叉ヶ池

熊取町ブックオフにて。

羽倉崎のブックオフにて。

期限が迫ってる金券があったのでブックオフに行ってきた!
『冴えカノ』は最近アニメを見てハマったので。劇場版ももうすぐ公開かな?
風見潤先生は、SFの翻訳やアンソロ編者として知ってたけど、講談社X文庫でミステリも書いてたのね!しかしこれまた集めるのに骨が折れそうなシリーズに手を出してしまったかw
『カササササギ』は100円であったのでラッキーとばかりに買い物カゴへw 下巻も100円で探そうかなww