くじら座ソーダ通信

主に読書(SFとミステリ)やアニメについて書きます。最近の読書感想は「漫才風読書感想」をやってます。カテゴリーから「漫才風読書感想」を選んで読んでみてください!

林譲治『帝国海軍ガルダ島狩竜隊』

あらすじ
昭和19年1月、ビスマルク諸島北方に位置する小島、ガルダ島に航空基地建設の目的で上陸した、日本軍部隊があった。第369海軍設営隊―トラック島防衛というよりは、トラック島に対する被害極限のために、島に送りこまれた男たちである。だが、米軍の攻撃でトラック島は陥落。設営隊は敵の勢力圏内に取り残された。救出どころか、補給する届かない状況の中、設営隊の面々は自活を始めたが、食糧事情は劣悪だった。そんなある日、数人の兵士が穴の中に消えた。後を追った兵士たちは、その穴の先にある奇妙な世界にたどりついた。島の植生とは明らかに違う植物群。そして、そこにいたのは、想像の産物でしかなかった太古の絶滅動物―恐竜だった。

太平洋戦争中の南洋の孤島。滑走路敷設のための部隊が孤立。食糧不足の危機。そこで偶然見つけた穴。その先には超紐理論の超対称性世界があり、恐竜がいる!そこで狩竜隊を組織して食糧を得るために進む。
ということで面白かった!序盤は戦局悪化の様子など戦史モノかと思いきや、中盤以降に怒涛のSF展開!こんな特殊な世界をよく設定したな!戦中にすでに超紐理論を思い付いていたという発想!からのこの新世界!これはやっぱりロストワールドからの着想?そして恐竜!恐竜とのバトルは意外にアッサリ。『ゴジラvsキングギドラ』でも日本軍と恐竜が戦ってたけど、あれよりは凶暴さがなかったな。たが恐竜の肉は美味しそうだった!トリケラトプスは脂臭くて、ティラノサウルスは鶏肉のようで美味しいらしい!いいな〜食べてみたい!
ちなみにこの本、入手困難な品。現在の密林中古で6600円。数年前は、十数万なんて数値も出てたし!?こんな面白い本なのに!どこかで復活してほしいな〜!!