くじら座ソーダ通信

主に読書(SFとミステリ)やアニメについて書きます。最近の読書感想は「漫才風読書感想」をやってます。カテゴリーから「漫才風読書感想」を選んで読んでみてください!

今村昌弘『兇人邸の殺人』

あらすじ
入ったが最後、姿を見ることは二度とないーー
❝廃墟テーマパーク❞にそびえる奇怪な屋敷。
深夜侵入した葉村と比留子を異形が襲う。
シリーズ累計100万部突破!!『屍人荘の殺人』シリーズ第3弾!
『魔眼の匣の殺人』から数ヶ月後――。神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と剣崎比留子が突然の依頼で連れて行かれた先は、“生ける廃墟"として人気を博す地方テーマパークだった。園内にそびえる異様な建物「兇人邸」に、比留子たちが追う班目機関の研究成果が隠されているという。深夜、依頼主たちとともに兇人邸に潜入した二人を、“異形の存在"による無慈悲な殺戮が待ち受けていた。待望のシリーズ第3弾、ついに刊行!

『屍人荘の殺人』のシリーズ、第三弾!今回は、班目機関を追って廃墟風テーマパークに建つ監獄へ。これが班目機関の狂人科学者の居城で外界から孤絶。しかも夜には首狩りモンスターが跋扈。スプラッターハウスかな?なんというクローズドサークルだ!?よく思い付くな!しかも首狩りに何人か殺られる中、この特殊な状況下で普通の殺人も起きる。こんな混乱の中で理論的推理を組み立てるとは!お見事!しかもこの首狩りモンスターの真相に涙してしまうし。なんという本格ミステリだ!