くじら座タウ星府立大学SF研究会

主に読書(SF中心)について書きます。最近の読書感想は「漫才風読書感想」をやってます。

2018FIFAワールドカップ・ロシア大会「グループB イランvsポルトガル」

イランvsポルトガル。1-1。ポルトガルは今までの試合は受身だったのに、今回はポゼッションして、バイタルエリアに積極的にクサビのパスを送って、躍動してた。それでもクアレズマの一点だけだったのは物足りない。それだけイランが良かったって事だけど。アジア最強と目されてたイランでもグループ突破できないとわ。W杯は厳しい。結局、グループBは、一位がスペインで、二位がポルトガル。内容は厳しかったけど、結果は順当。
ちなみに、グループAは、一位ウルグアイで、二位ロシア。ロシアは最弱の開催国といわれながらも健闘。ウルグアイは順当だけど、決勝トーナメントではもっと爆発して欲しい。