くじら座タウ星府立大学SF研究会

主に読書(SF中心)について書きます。最近の読書感想は「漫才風読書感想」をやってます。

夏元雅人『機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…』

PS2用ゲーム『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』に収録されていたサイドストーリーが原作。漫画は今は『REBELLION』のシリーズとして読める。ホワイトベース級準同型強襲揚陸艦サラブレッド」を旗艦とする第16独立戦隊の、ガンダム5号機とガンダム4号機のフォルド・ロムフェロー中尉とルース・カッセル中尉が主人公。これは良いバディものだね。先走る若いフォルドと落ち着いた先輩のルース。ソロモン攻略のチェンバロ作戦に向けて、月のグラナダからの補給路を断つ任務。そこで悲劇が起こる。悲劇を乗り越えて、和平講和のためのジオン共和国首相の護衛任務からの終戦。これが2巻まで。しかし3巻はifのストーリー。悲劇は起こらなかった世界で、アバオアクー攻防戦に参戦する姿を描く。このifで様々な歴史のパターンを描く展開は面白い。あと、ライバル。グラナダ特戦隊の隊長、マレット・サンギーヌ。これが戦闘狂。乗機のアクト・ザクはカッコイイんだけど、狂気がすごい。ジオンの美少女パイロット、リリア・フローベールはなんでこんな奴を慕っているんだ!!