くじら座タウ星府立大学SF研究会

主に読書(SF中心)について書きます。最近の読書感想は「漫才風読書感想」をやってます。

成田良悟『バッカーノ!』

あらすじ
禁酒法時代、ニューヨーク。裏組織“カモッラ”は重要な儀式を数日後に控えていた。泥棒カップルはグランド・セントラル・ステーションに着いたばかりだった。マフィアの三兄弟はちょっとした問題を抱えていた。チンピラの少年は思い通りにならない現実にムカついていた。職務に忠実な警部補はそんな彼らを疎ましく思っていた。そして、錬金術師の野望は200年を経て、未だついえる事はなかった。彼らはまだ、互いに関わりの無い者同士であった。このマンハッタンに“不死の酒”が蘇るまでは―。第9回電撃ゲーム小説大賞金賞受賞作。

フォロワーさんからのオススメ。禁酒法時代のニューヨークでの、不老不死の酒をめぐる群像劇。不老不死の酒が様々な人の手に渡って、最後には全キャラクタが絡む一つのストーリーに収束する。デビュー作と思えない目まぐるしいストーリー展開の手腕が楽しい!キャラクタも魅力的だったしね!単体でも面白かったし、派生した続刊も面白そう。買い集めます!
★★★★★