くじら座タウ星府立大学SF研究会

主に読書(SF中心)について書きます。最近の読書感想は「漫才風読書感想」をやってます。

さとうふみや天樹征丸『金田一少年の事件簿 ゲームの館殺人事件』

また問題篇だけ読んで自力で推理するという「金田一ひとり推理大会」です。今回の未見の事件は、ゲームの館殺人事件。

  • 推理

今回推理するポイントは3点。

  1. 第一の殺人のトリック
  2. 第二の殺人のトリック
  3. 犯人は誰か

それではオレの推理を。
(↓白字反転ここから)
まず第一の殺人。被害者がはじめゲームに生き残りたい一心だったのに、途中から急に態度が変わったのはなぜか?どういう風に犯人の思うツボの行動をさせたのか?
ポイントは、TV。TVのメーカーが、遊園地のゾンビアトラクションと同じだということ。ゾンビは3Dのアトラクションだった。つまり殺人現場のTVも、3DのTVだった。しかも被害者の仮面だけには3Dメガネが組み込まれていた。これで犯人は被害者だけに3Dでメッセージを送ることができ、好きなように操れた。
第二の殺人。被害者を死に至らしめた、トイレの「エチケット」とはなんなのか?
エチケットとは、ワインのラベルのこと。被害者はワイン通。トイレの壁に掛けられている額が、ワインのラベルを飾っていると発見して探ってしまう。コレが毒針に触らせたトリック。
最後に犯人当て。
これが難問だった。相続がヒントになってると明示されてるんだけど。となると、麦ママか梢が相続の権利を持っているのか?母親(被害者1)が死んで息子(被害者2)が死ぬという順番が重要となると、息子の嫁に財産が相続されるパターンか?それとも他に何か別のパターンがあるのか?麦ママが、毒入りカップ麺を被害者2に渡したり、そのカップ麺が梢に渡りそうになって阻止してることから、麦ママが犯人ってことは薄々わかるんだけど。決定打が無い。分からないまま解決篇へ行きます。

  • 答え合わせ

全部は解けてないけど、推理が終わったので、解答篇までぜんぶ読みました。一番と二番は完全大正解だった!問題は三番。怪しいところの着眼点は良かったんだけど。問題は相続。まさか「腹違いの姉弟」だったとは!?これは分からなかった。。。ということで、今回は60点くらいかなー?