くじら座タウ星府立大学SF研究会

主に読書(SF中心)について書きます。最近の読書感想は「漫才風読書感想」をやってます。

畠中恵『アイスクリン強し』

アイスクリン強し (講談社文庫)

アイスクリン強し (講談社文庫)

あらすじ
お江戸が東京へと変わり、ビスキット、アイスクリン、チヨコレイトなど西洋菓子が次々お目見え。築地の居留地で孤児として育った皆川真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。今日もまた、甘いお菓子目当てに元幕臣の警官たち「若様組」がやってきて、あれやこれやの騒動が…。キュートな文明開化物語

有名作家だが作者初読み。明治も二十余年たった帝都東京。築地の居留地で育ち料理(西洋菓子)の腕を磨いた皆川真次郎を主人公にして、江戸の世なら旗本の跡継ぎのはずだった警官たち「若様組」、一代で財を成した小泉商会の令嬢である沙羅さん、などなど魅力的なキャラクタたちが様々な騒動に巻き込まれる。キャラ立ちしていて、ストーリイも硬軟ありで楽しい。また明治の菓子事情も楽しい。もっと菓子の描写があってもよかった。前日譚も出ているそうだが、後日談も読みたい。
★★★☆☆