くじら座タウ星府立大学SF研究会

主に読書(SF中心)について書きます。最近の読書感想は「漫才風読書感想」をやってます。

『四畳半神話大系』第1話「テニスサークル「キューピット」」





相変わらず俺莫迦、関西の放送を待ちきれずにyoutubeで見てしまったw多分直ぐに消えると思うけど。まず第一の感想は、浅沼さんすげー!!この原作再現度は凄いよ。浅沼さんって、あの名作SFアニメ『ゼーガペイン』の頃は棒とか言われてなかったっけ。原作のイメージ通りだし、早口と偏屈の独白っぷりは完璧だ。小津も吉野の高い声が妖怪っぽくてイメージ通り。特に、小津「だって夜風が冷たいんだもの」私「この寂しがり屋さん」の男女の睦言ごっこが原作通りで最高に笑った。明石さんは、やっぱり活動漫画になってもキュートだ!!!明石さんに泣きぼくろがあるとは知らなかったけど、それもキュート。ただ期待の「ぎょえええ」と「むにゅっとしてました、むにゅっとしてました」は活動漫画で見るもんじゃないな(笑、あれは活字で見るから良いと分かった。明石さんの持ってる「もちぐま(ふわふわ戦隊モチグマン)」もデザインが全然違って、ちょっとがっかり。だから何度も言うがハードカバー版の表紙のが一番良いと。。。さてここまで大満足ばかりだったんだが最後に苦言を。ラスト、京大時計台の時計が逆回転するシーンで終わるんだけど、あれは断じて違う。演出間違い。『四畳半神話大系』はSF作品と見たら、「時間ループもの」ではなく「平行世界もの」なんだって。あとOPEDも満足。アジカンのOPは最終話のネタバレで如何なものかと思ったけど。まるえつのEDは曲の雰囲気がマッチしているのに驚いた。あと「協力」のテロップに、「京都府」「下鴨神社」「京銘菓大極殿本舗」の他に「株式会社はてな」が入ってて吃驚。森見登美彦ブログがはてなだし、はてなは京都だけど、何を協力したんだ???
(追記:そういえば、占いあったけど「コロッセオ」が無かったな。あれがキーワードなのに。あと掲示板で、「シャフト」「新房」「イヒ」「絶望」とか書いてる奴は全部まとめて屋上。…と書こうと思ったら、俺も原作初読時に「絶望」を連想したのを今頃思い出したorz)