くじら座タウ星府立大学SF研究会

主に読書(SF中心)について書きます。最近の読書感想は「漫才風読書感想」をやってます。

高橋克彦『竜の柩1 聖邪の顔編』

竜の柩〈1〉聖邪の顔編 (ノン・ポシェット)

竜の柩〈1〉聖邪の顔編 (ノン・ポシェット)

ダヴィンチコード』ではダヴィンチやキリストの歴史をほじくって、漫画『スプリガン』では色々ノアの方舟やら聖杯やらの歴史をこねまわして、好き勝手な事書いてたけど、本書は『古事記』を掘り返す話。『古事記』からこんなSF小説(と同列に扱って良いものか)のような展開になるってありえない、だがそこが最高に面白い!!まぁ『古事記』と、偽書と言われてる『東日流外三郡誌』『竹内文書』を同列に並べるのは如何なものかと思うけど、フィクションで面白ければ全然OK。次の巻は『古事記』から「ノアの方舟」につながってはてさて何処に連れて行かれるのか楽しみ。あと巻末解説の南山宏ってググってみたら、SFマガジンの二代目編集長・森優の事だったのか。知らなかったので吃驚。
★★★★★